講談師

 3歳か4歳の頃テレビから小さな机を心地よく叩き、早口言葉で話している人を真似て張扇の代わりに団扇を持ってあちこち叩いて歩いていた。3年前に何気なくラジオから心地よい喋りと張扇が聞こえてきたのが「神田 松之丞」(神田伯山)でした。