高村光太郎

 この窓からのぞく風景は絵が飾ってあるように見える僕だけの一等席。