久保広海

 壮絶な経緯と現在について語っており、最後には「喧嘩で良かったことは何もない」と書かれていた言葉は、失ったものへの重みだと感じました。表紙、若干イカツイけど読んでほしい1冊です。